times

フォークリフトのバッテリー交換について徹底解説!

フォークリフトの動力はエンジン式とバッテリー(電池)式に分かれます。 2021年2月の国内フォークリフト販売台数を見ると、全体合計6404台のうちエンジン式が2,686台(うちガソリン式が1,2...

フォークリフトの車両メーカーを知りたい

2020年の国内フォークリフト生産台数は、バッテリー式が約5万9千台、エンジン式が約4万9千台、合計約10万8千台に達しています。 これらフォークリフト車両を製造している国内主要メーカーは、①ト...

トヨタ(TOYOTA)フォークリフト「7FB15」の特徴とバッテリーについて

フォークリフトの世界販売台数が首位であるトヨタL&Fの車両の中でも、人気の高い「7FB15」。中古市場においても人気の高いカウンター式フォークリフトです。排ガスが出ないバッテリー駆動の車...

高品質産廃ボックス・コンテナの事例紹介

建設現場や工場、産廃処理現場において大活躍する産廃ボックス(コンテナ)。鉄箱と呼ばれたり、スクラップボックスと呼ばれたりもしますが、同じように見えても様々な仕様のものがあります。 ここでは、納品...

電動フォークリフトのバッテリー交換を少しでも安く。高品質・新品バッテリー「GB Traction Battery」のご紹介

電動フォークリフトとは切っても切れない関係にあるのが、バッテリーの劣化。動力がバッテリーである以上、どうしても避けられない事象です。 しかしながら、いざバッテリー交換をディーラーに依頼するとそれ...

フォークリフトのバッテリー液は精製水を使いましょう

フォークリフトのバッテリーには主に鉛蓄電池が使用されていますが、鉛蓄電池ならではの注意すべき点がいくつかあります。その一つが、バッテリー液の補充の際には精製水を使用することです。 「なんで、いち...

フォークリフト豆知識:一括補水装置と自動補水装置の特徴と違い

フォークリフトのバッテリーは、一般的に、2Vのバッテリーセルが複数連結された構造になっています。例えば24Vのバッテリーであれば、12個のセルが直列に連結されています。 各セルにはバッテリー液(...

フォークリフトの労災や注意喚起について

フォークリフトは、おもに重量物の運搬に利用すること、また車体自体の重量も大きいことから、重篤な事故や災害が発生する可能性高い業務用車両になります。 中でも、倉庫における運搬業務など頻繁にフォーク...

フォークリフト作業に必須!パレットの素材について

フォークリフトで物を運ぶ際に必要となるのが、リフトの爪を差し込む部分(フォークポケットとも呼ぶ)です。これが無ければ、フォークリフトを使った持ち上げ・運搬作業を行うことはできません。とはいえ、運...

フレキシブルコンテナ(フレコンバッグ・産廃袋)について

フレキシブルコンテナバッグは、様々な種類の粉粒を一度に大量に輸送・保管するのに便利な大型の袋です。フレキシブルコンテナバッグという呼び名以外にも、フレコン、コンテナバッグ、産廃袋、クロスコンテナ...

フォークリフトバッテリーの比重について

バッテリー式フォークリフトは主に鉛蓄電池が使われており、2V電圧のバッテリーセルが直列で複数連結された構造になっており、24ボルト電圧のバッテリーなら12個のセルが、48ボルト電圧のバッテリーな...

事業系一般廃棄物って何だろう?

廃棄物(ごみ)は「産業廃棄物」と「一般廃棄物」に分かれます。産業廃棄物以外の廃棄物は、すべて一般廃棄物となります。 廃棄物のうち「燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類その他政...