times

家畜の伝染病を防ぐために、私たちが知っておくべきこと(国立大学法人 宮崎大学農学部獣医学科 末吉益雄教授)

鳥インフルエンザや口蹄疫、豚熱(CSF)といった特定家畜伝染病は、生産者の皆様にとってはもちろん、報道等によって一般消費者にも広く認知されるようになりました。 これらの伝染病が発生すると、生産者...

安価に導入、移設も楽々。センサー式車両消毒装置「m gate 1000s」のご紹介

畜産農家にとって家畜伝染病の発生は最も避けたい事項の一つです。一度発生してしまうと、営農に大きなダメージを受けるのはもちろん、殺処分やまん延防止のための対策など、精神的にも経済的にもつらい作業が...

洗練されたデザインが映える!おしゃれなゴミステーション「IZAKI」のご紹介

ゴミステーション(ゴミボックス)といえば、金網で囲われたものであったり、倉庫のような形であったり、鉄箱のような無骨な外観を想像する方も多いのではないでしょうか? 衛生面やトラブル回避・安全確保の...

丈夫で高品質なのに格安!産廃ボックス販売のご案内

当社では産廃ボックス(鉄箱・コンテナ・ダストボックス・バッカン等とも呼ばれます)を販売しております。標準品となる2立米タイプをはじめ、各種カスタムも承っております。日本全国配送可能、台数に応じて...

フォークリフトのバッテリー容量の見方

電動フォークリフトに搭載されているバッテリーは、車種ごとに容量が異なります。搭載されているバッテリーの容量を確認するには、バッテリーケースに貼付されている銘板を見ます。 銘板の見方 上の写真を...

電動(バッテリー式)フォークリフトの特徴

多くの荷役現場で活躍するフォークリフトですが、稼働方式は電動(バッテリー)式と内燃機関(エンジン)式の2種類です。 2020年の日本国内フォークリフト販売実績は合計81,779台、このうちバッテ...

フォークリフトのバッテリー交換について徹底解説!

フォークリフトの動力はエンジン式とバッテリー(電池)式に分かれます。 2021年2月の国内フォークリフト販売台数を見ると、全体合計6404台のうちエンジン式が2,686台(うちガソリン式が1,2...

フォークリフトの車両メーカーを知りたい

2020年の国内フォークリフト生産台数は、バッテリー式が約5万9千台、エンジン式が約4万9千台、合計約10万8千台に達しています。 これらフォークリフト車両を製造している国内主要メーカーは、①ト...

トヨタ(TOYOTA)フォークリフト「7FB15」の特徴とバッテリーについて

フォークリフトの世界販売台数が首位であるトヨタL&Fの車両の中でも、人気の高い「7FB15」。中古市場においても人気の高いカウンター式フォークリフトです。排ガスが出ないバッテリー駆動の車...

高品質産廃ボックス・コンテナの事例紹介

建設現場や工場、産廃処理現場において大活躍する産廃ボックス(コンテナ)。鉄箱と呼ばれたり、スクラップボックスと呼ばれたりもしますが、同じように見えても様々な仕様のものがあります。 ここでは、納品...

電動フォークリフトのバッテリー交換を少しでも安く。高品質・新品バッテリー「GB Traction Battery」のご紹介

電動フォークリフトとは切っても切れない関係にあるのが、バッテリーの劣化。動力がバッテリーである以上、どうしても避けられない事象です。 しかしながら、いざバッテリー交換をディーラーに依頼するとそれ...

フォークリフトのバッテリー液は精製水を使いましょう

フォークリフトのバッテリーには主に鉛蓄電池が使用されていますが、鉛蓄電池ならではの注意すべき点がいくつかあります。その一つが、バッテリー液の補充の際には精製水を使用することです。 「なんで、いち...